加工技術のことなら20年以上ホーニング加工に取り組んできた東京ホーニングサービス

加工技術

弊社のホーニング加工について

ホーニング加工とは-----1ミクロン(1/1000mm)の公差を要求される非常に高精度な内径加工方法です。
故に、加工方法・ツールを含めた刃具(砥石)の選択・切削油状況・取代(加工前寸法含む)・要求表面粗さ・要求精度・ワーク膨張率等々、ありとあらゆる条件を考慮して加工方法を決定しなければなりません。

一般的な機械加工と大きく異なり刃具が砥石という理由もあり、上記で記述した様々な加工条件と共に数値管理等が非常に難しく、加工者としてのノウハウが試されます。

当社は、ホーニング・ラッピング専門企業として、20年で培ったノウハウを企業様にご提供しております。
その実績が買われ、穴内面研磨加工で特に長さがあるもの、エンジン等の肉厚で内部にばらつきが多いものなど、難しいとされる分野の試作に多くの実績がございます。

また、新技術にも取り組んでおり、ホーニング盤に改良型ラップ工具を包み込むことで、1台で高精度・高効率かつ熟練技術がなくても可能なホーニング・ラップ加工を確立し、高精度でありながら低コストのサービスをご提供いたします。
詳しくは新技術のページをご覧ください。
当社の熟練の技術をご確認ください。
こちらから、埼玉県の調査機関による、試験成績書PDF(1.34MB)をご覧いただけます。

ホーニング加工技術のご紹介(一部)

お気軽にお問い合わせ下さい 048-284-5006